【会場参加申し込みページ】

どうなる?今後10年の無線通信

ローカル5Gの最新事例から、Beyond5G/6Gの展望、技術課題まで

5Gの技術を適用したローカル5Gは2021年に利用が開始されました。
また、2030年ごろのサービス開始を目指したBeyond 5Gの検討が活発化しています。
本セミナーでは、ローカル5Gの技術や最新動向について紹介した上、現在国内でも活発に議論されているBeyond 5G/6Gの技術目標や、
その実現を目指した政府の戦略、標準化、国内外の研究機関・企業の開発への取組み、研究事例について紹介し、
今後10年の無線通信の動向を整理・議論したいと思います。
日程 2022年7月8日(金) 13:30開場/14:00開演/16:30終了予定
セミナー詳細 ■セミナー内容(変更になる可能性がございます)
【1】14:00~14:10 構造計画研究所によるイントロダクション

【2】14:10~14:50 基調講演
国立研究開発法人情報通信研究機構 Beyond 5G研究開発推進ユニット長 テラヘルツ研究センター長(兼務)
博士(理学)
寳迫 巌 様

【3】14:50~15:30 ローカル5G構築事例

阪神電気鉄道株式会社
情報・通信事業本部 情報・通信統括部
中村 光則 様
『阪神電車によるローカル5Gの取り組み~Sub6実証実験と将来展望~』

講演概要:
ローカル5Gは「産業利用」を主体として様々な取り組みが進んでいますが、もう一つのユースケースである「地域利用」の推進を図るべく、今年2月より総務省において「ローカル5Gを広域に利用する」検討が動き出しました。自己土地をはみ出して活用したり、スマートシティ全体をエリア整備するようなケースを想定したもので、現在は「広域利用」として規制されている鉄道線路上の利用についても、今後の段階的な緩和に期待がかかります。
これまで弊社は、地域で広域利用ができる「地域BWA」を活用して”まちづくり”を積極的に進めてきましたが、新たに商用化を目指すローカル5GのSub6実証実験状況や、ローカル5GとBWAを組み合わせた地域無線の将来展望について紹介します。

【4】15:40~16:20 構造計画研究所、協賛企業(AK Radio Design社)によるソリューション紹介

【5】16:20~16:30 閉会挨拶

■参加費
無料(下記申込ボタンから要事前申込)
定員 会場とZoom配信での開催を予定しております。

会場定員:50名
Zoom配信定員:300名
会場(ライブ会場) 〒164-0011
東京都中野区中央4-5-3
株式会社構造計画研究所 本所新館地下1階レクチャールーム

東京メトロ 丸ノ内線 「新中野」駅 1番,2番出口より徒歩約1分
主催、協賛 主催:株式会社構造計画研究所
プライバシーポリシー:
https://www.kke.co.jp/security_policy/privacy/

協賛:株式会社AK Radio Design
プライバシーポリシー:
https://www.anritsu.com/ja-jp/privacy-policy
※【Zoom配信】のお申込み 【Zoom配信】でのご視聴をご希望の方は大変お手数ですが、下記URLからお申込みください。
https://kke.lmsg.jp/v2/seminar/11672/0yGAI5kM
お問い合わせ先 情報通信グループ セミナー担当
ics-seminar@kke.co.jp