自動車機能安全規格ISO26262 安全分析紹介体験セミナー

概要

「安全機構を追加したら安全目標侵害の故障率が増えちゃった!?」
「故障率の解析結果を説明できない!?」
このような事案はありませんか?
アーキテクチャの安全性が反映されない計算式が採用されていたり、肝心な危険箇所特定の妥当性も説明できないなど、安全設計の証明や改善に"役に立たない"仕組みになっていることも数多く見受けます。
本セミナーでは、"あるべき"故障率解析として、自社製品の安全性を反映した定量的な故障率で表現し、その数値に基づいて安全性を改善する仕組みづくりのポイントをご紹介します。
また、そのノウハウを搭載した、弊社ISO26262安全分析ソリューションおよび故障率解析テンプレート、IEC61709/SN29500電子部品故障率算出シートをご紹介します。
安全要求展開テンプレートは、機能安全コンセプトからシステム/HW/SWまで各階層への展開と安全分析に対応した新バージョンを紹介します。

セミナーサブタイトル~スーパーマンでなくても「説明できる安全分析・故障率解析」への取組み~
対象者◆ISO26262(特にPart3~6)の安全分析やPart5の故障率算出への対応をご検討、調査、情報収集されている方。
◆ISO26262対応に迫られており、具体的な対応策をお知りになりたい方。
◆分析手順が分からず、悩んでいる方。お客様への説明に苦労されている方。
◆安全分析プロセスの理解を深めたい方。
開催日時2019年 7月3日(水)
13:00受付 / 13:30開始 / 17:00終了
定員10名

◆誠に申し訳ございませんが、定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
◆規定人数に達しない場合は、中止させていただくこともございます。予めご了承ください。
◆中止の場合、セミナー開催の1営業日前までにメールにてご連絡させていただきます。
◆また同業他社様からの情報収集目的でのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
会場情報

株式会社構造計画研究所 本所新館
164-0011
東京都
中野区中央4-5-3

03-5342-1046
東京メトロ 丸ノ内線 「新中野」駅 1番,2番出口より徒歩約1分
https://www.kke.co.jp/corporate/map/tokyo2.html

セミナー詳細+--------------------------------------------------------------------------+
13:30-13:40
【1】ご挨拶および弊社紹介
+--------------------------------------------------------------------------+

+--------------------------------------------------------------------------+
13:40-14:10
【2】自動車機能安全規格ISO26262の要求と対応の意味とは!?
【3】Part5 ハードウェア故障率解析に関する問題点と"あるべき"ポイント
+--------------------------------------------------------------------------+
機能安全規格ISO26262に対し「何をやるか」に目を奪われて、いつの間にか本来の目的にそぐわない仕組みになっているお客様も多く見受けます。本セッションでは、規格の要求と対応の意味をイメージでおさらいするとともに、故障率解析について、改善につながる"あるべき"姿をご提案します。

+--------------------------------------------------------------------------+
14:10-15:30
【4】弊社ISO26262 安全分析ソリューションのご紹介
   〇安全要求展開テンプレート
   〇ハードウェア故障率解析テンプレート
   〇IEC61709/SN29500電子部品故障率算出シート
    (旧IEC62380故障率算出シート)
+--------------------------------------------------------------------------+
安全要求の展開や故障率解析のノウハウを搭載したテンプレート、およびIEC61709/SN29500故障率モデルによる故障率算出シートについてご紹介いたします。【体験操作あり】

+--------------------------------------------------------------------------+
15:30-16:00
【5】FMEA/FTA基本性能のご紹介
+--------------------------------------------------------------------------+
本ソリューションは、ISO26262の分析専用ツールではございません。知見継承および共有が可能なFMEA、シンプルな操作ながら様々な信頼性解析に対応するFTAなど基本機能をご紹介します。【体験操作あり】

+--------------------------------------------------------------------------+
16:00-17:00
【6】自由体験操作
+--------------------------------------------------------------------------+
各安全分析テンプレートやFMEA/FTAを自由に体験操作いただけます。また個別のご相談も承ります。
お問い合わせ先名株式会社 構造計画研究所 製造企画マーケティング部 海野
TEL:03-5342-1046
MAIL:sphera@kke.co.jp