FMEAによる未然防止ソリューション 体験セミナー

概要

FMEAは製品設計及びプロセス設計の段階において、問題が発生する前に問題を識別し、漏れなく不具合を予測するための手法として現在製造業で広く用いられています。FMEAのメリットは設計段階で十分時間をかけて分析することで不具合を事前に抽出し、未然防止と手戻りによるコスト削減ができる点です。また、一度作成したFMEAは類似製品に対して過去のノウハウ集として活用することができる点もメリットになります。
ただ、実際のFMEA活動では上記で想定した通りにうまくいかないお悩みも散見されます。例えば、
・表の形成に労力がかかり十分なFMEA分析の時間が確保できず、表を作成することが目的になってしまっている
・FMEAの結果を個々人で管理しており、引継ぎ・共有ができていない
・FTA分析や過去トラの分析結果と連携をしたいがうまくいかない
といった点をよく伺います。
本セミナーでは上記のお悩みを解決する手段として、
・リスク分析の効率化
・FMEAの知見データベース化(辞書化)による過去知見の共有
・FMEAとFTAやDRBFMといった手法との連携による分析精度の向上
といった点を体験操作を交えてご紹介し、それらを組み合わせたFMEA活動のあるべき仕組み作りについてもご提案いたします。

セミナーサブタイトル~過去知見の活用・分析手法の連携による未然防止の仕組み作り~
対象者・FMEAによる「不具合の未然防止」活動をしているが、効果が出ていないと感じている方。
・FMEAが形骸化している、または作業に大きな負担を感じている方。
・過去トラブルの分析結果や他の分析手法(FTA, DRBFMなど)の結果をFMEAの作成に反映させたいと考えている方。
開催日時2019年 6月4日(火)

13:00受付 / 13:30開始 / 17:00終了
定員10名

◆誠に申し訳ございませんが、定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
◆規定人数に達しない場合は、中止させていただくこともございます。予めご了承ください。
◆中止の場合、セミナー開催の1営業日前までにメールにてご連絡させていただきます。
◆また同業他社様からの情報収集目的でのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
会場情報

株式会社構造計画研究所 本所新館
164-0011
東京都
中野区中央4-5-3

03-5342-1046
東京メトロ 丸ノ内線 「新中野」駅 1番,2番出口より徒歩約1分
https://www.kke.co.jp/corporate/map/tokyo2.html

セミナー詳細+--------------------------------------------------------------------------+
13:30-14:00
【1】はじめに ~セミナー概要および会社紹介~
+--------------------------------------------------------------------------+

+--------------------------------------------------------------------------+
14:00-14:40
【2】FMEA 体験操作
+--------------------------------------------------------------------------+
設計FMEAの簡単な題材を用いて、リスク分析の効率化・FMEAの知見データベース化といったソリューションの特徴を、体験操作を交えてご紹介します。

+--------------------------------------------------------------------------+
14:50-15:30
【3】DRBFM、FTAと組み合わせたFMEAの仕組み作り
+--------------------------------------------------------------------------+
DRBFM、FTAの分析について簡単な題材を使用した体験操作を実施し、それらとFMEAとを連携して分析精度・効率を上げる仕組みを操作を交えてご紹介します。

+--------------------------------------------------------------------------+
15:30-16:00
【4】知見データベースによる過去知見 活用例の紹介
+--------------------------------------------------------------------------+
FMEAの知見データベース化による過去知見の活用方法について、いくつかの運用事例をご紹介し、実際の例をデモの形でご紹介します。

+--------------------------------------------------------------------------+
16:00-17:00
【5】自由体験操作
+--------------------------------------------------------------------------+

お問い合わせ先名株式会社 構造計画研究所 製造企画マーケティング部 海野
TEL:03-5342-1046
MAIL:sphera@kke.co.jp