【Webセミナー】ミリ波レーダー解析の活用事例

概要

ミリ波帯の解析は、その波長の短さと解析領域の広さ(レーダーの場合は特に)から、特定の解析手法で解くことが難しい領域です。

例えば、電磁界解析で厳密に解くには解析規模が大きすぎることが問題となり、レイトレース法で解くためには散乱の影響をどのように考慮するかが問題となります。

本セミナーでは、レイトレース法にPO(物理光学近似)を加えた解析手法により、広範囲のミリ波帯の解析を高速にかつレイトレース法単体に比べて高精度で計算する事例をご紹介します。

主なアウトプットは以下となります。
・受信電力
・遅延プロファイル
・レーダー反射断面積(RCS)

セミナー後には解析ソフトウェアの導入や受託解析に関する個別相談も可能です。

ミリ波に関する課題・お悩みをお持ちの方はこの機会に是非お申込ください。

解析に使用しているソフトについては以下をご覧ください。
▼WaveFarer▼
https://network.kke.co.jp/products/WaveFarer/

本セミナーは申込を終了しました。

開催日時2020年 9月17日(木)
 11:00開始 / 11:30終了(予定)
対象者■電波に関する課題をお持ちの方
■解析ソフトの導入や受託解析を検討している方
※同業他社様からのお申し込みはお断りさせていただきます。
セミナー詳細■本セミナーはYoutube Liveを使用したリアルタイムのWebセミナーです。

■参加費: 無料 (事前登録制)

■プログラム(予定)
1)ミリ波帯の解析について
 - 電波に関する各解析手法の住み分け
 - 電磁界解析の特徴
 - レイトレース法の特徴
 - レイトレース法+PO法について
2)活用事例の紹介
 - ミリ波レーダーの受信電力
 - 遅延プロファイル
 - RCS

※ご質問への回答やヒアリングのために、後日担当者よりご連絡させていただく場合がございます。
お問い合わせ先名株式会社 構造計画研究所
電磁界解析セミナー担当
ema-seminar@kke.co.jp
主催株式会社構造計画研究所