自動車品質マネジメントシステム規格IATF16949 コアツール活用セミナー

概要

自動車産業の品質マネジメントシステム規格ISO/TS16949の後継規格として2016年10月にIATF16949の初版が発行されました。旧規格からの変更点は多々ありますが、規格の目的は変わっておらず「不具合の予防 並びにサプライチェーンにおけるばらつき及び無駄の削減、そして継続的改善をもたらす品質マネジメントシステムを開発すること」になります。
ISO/TS16949を導入されていた企業では、新たにIATF16949の認証を取得し、それに沿った品質リスクマネジメントが実施されています。しかし、IATF規格はISO/TSと比べ要求事項の数とその要求水準が高くなっていることから、コアツールによる検査・分析や文書管理、情報共有の仕組みの整備には労力が伴います。そして、査察への対応に苦慮された結果、IATF規格が本来目指す「不具合の未然防止」「品質のばらつき低減」という目的に沿ったコアツール運用が失われ、煩雑な作業が形骸化するケースが少なくありません。
本セミナーでは、IATF16949で推奨される主要なコアツール FMEA、MSA、SPC に焦点を当て、規格本来の目的「不具合の未然防止」「品質のばらつき低減」を達成するためにどのように使用されるべきか、そして、その運用による具体的なメリットについてお話しするとともに、弊社がご提供する当該規格の実効性を引き出すコアツールの運用支援コンサルティングについてご紹介します。

セミナーサブタイトル~FMEA・MSA・SPCの活用による不具合の未然防止、ばらつきの削減への取組~
対象者・規格の目的である「不具合の未然防止」「ばらつきの削減」を達成できていないと感じている方
・FMEAやコントロールプランの作成が形骸化しており、実用性が伴っていないと感じている方
・MSA・SPCの運用がばらつきの削減、品質の改善につながっていないと感じている方
開催日時2018年 10月18日(木)
13:10開場 / 13:30開始 / 16:30終了予定

セミナー終了後の17:00より懇親会を開催します。
是非こちらにもご参加ください。
定員20名

◆誠に申し訳ございませんが、定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
◆規定人数に達しない場合は、中止させていただくこともございます。予めご了承ください。
◆中止の場合、セミナー開催の1営業日前までにメールにてご連絡させていただきます。
◆また同業他社様からの情報収集目的でのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
会場情報

JPタワー名古屋3F カンファレンスルームA-1
450-6325
愛知県
名古屋市中村区名駅1-1-1

050-5306-6985
JR名古屋駅 新幹線口 徒歩5分
地下鉄東山線・桜通線名古屋駅 徒歩5分

セミナー詳細+--------------------------------------------------------------------------+
13:30-13:50
【1】はじめに ~セミナー概要および会社紹介~
+--------------------------------------------------------------------------+

+--------------------------------------------------------------------------+
13:50-14:20
【2】過去知見の活用・分析手法の連携により
   不具合未然防止を実現するFMEAの仕組み作りのご提案
+--------------------------------------------------------------------------+
IATFの規格の中ではリスク分析を十分に行うことが求められており、その一つの手段がコアツールのFMEAになります。本セッションでは、FMEAのデータベース化による過去知見の活用、他の分析手法との連携による分析効率向上の仕組みをご紹介し、未然防止を実現するためのFMEAのあるべき姿をご提案します。

+--------------------------------------------------------------------------+
14:20-14:50
【3】APQPによる不具合情報の部門横断での共有方法
+--------------------------------------------------------------------------+
不具合の再発防止・未然防止のためには製品設計やプロセス設計の各段階で過去の不具合内容の共有、変更・新規点の共有が重要になり、IATFではそのコミュニケーション方法としてコアツールのAPQPを挙げています。本セッションではAPQPを活用することによっての情報の共有方法について例を交えながらご紹介します。

+--------------------------------------------------------------------------+
15:05-15:35
【4】よくある顧客要求にもしっかり対応、
MSAを体系的に理解し測定データの信頼性を担保する
+--------------------------------------------------------------------------+
測定データが正しくなければ、その後に取得するデータは全て信頼の置けないものとなります。そのため、IATFにおいてMSAは非常に重要な役割を担っています。ただ、MSAは扱うデータ・検査方法によって分析手法が異なります。本セッションではMSAを体系的に紹介し、IATFでどう活用していけばよいのかをご紹介します。

+--------------------------------------------------------------------------+
15:35-16:05
【5】実効性のあるSPCで、ばらつき低減・製品品質の作り込みを実現する
+--------------------------------------------------------------------------+
ばらつき及び無駄の削減というIATFの目的を達成するために、SPCの管理図と工程能力分析は欠かせません。ただIATFの規格を満たした後に、SPCの結果を業務に適応するというのはなかなか難しいです。本来の目的である、ばらつき及び無駄の削減に結びつかないという話をよく聞きます。本セッションでは、本来SPCを改めて理解し、今後の業務に活かす実効性のあるSPCの紹介を致します。

+--------------------------------------------------------------------------+
16:05-16:25
【6】弊社ソリューション紹介
+--------------------------------------------------------------------------+

+--------------------------------------------------------------------------+
16:25-16:30
【7】終わりに
+--------------------------------------------------------------------------+

+--------------------------------------------------------------------------+
17:00-19:00
【8】懇親会
+--------------------------------------------------------------------------+
本セミナーにご参加いただきましたお客様の交流の場をご用意させていただきました。この場を利用して様々な情報交換を図っていただければ幸いです。
注意事項セミナーの参加費は無料ですが、懇親会に参加される方は2,000円を頂戴いたします。
お問い合わせ先名株式会社 構造計画研究所 製造企画マーケティング部 海野、伊藤
TEL:03-5342-1046
MAIL:quality@kke.co.jp