【WEBセミナー】                    見積提出のリードタイムを劇的に短縮する方法       ~営業マン自身による仕様確定・見積提出の事例紹介とデモンストレーション~

概要

製造業では、仕様確定や見積書の作成時に
技術部門や工場に確認をとることが多々あります。
製品が製造できることを確認しながら、
仕様確定を行う必要があるためです。

したがって、営業マンだけでは、仕様確定、見積書の作成を行うことができず、見積提出のリードタイムが長くなる傾向にあります。

これまで営業部門では、
製造できることを保証するための、本体仕様やオプション間の相関関係などの制約情報を活用することは容易ではありませんでした。
制約情報がデータ化されていなかったり、技術部門との共有が困難だったりするためです。


そこで、
CPQを活用することで、営業マンが自ら、製造できることが保証された仕様を確定でき、
見積提出のリードタイムを劇的に短縮することができます。

今回のセミナーでは、
CPQにより受注プロセス改革を実現した事例にも触れながら、
CPQのデモンストレーションまでをご紹介いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
WEB会議システムを使ったオンラインセミナーです。
インターネットに接続できる環境があれば、どこからでも聴講いただけます。

このセミナーページは公開終了しました。

セミナー詳細■プログラム■
………………………………………………………………………………………
1.販売増を実現する 「見積提出リードタイム短縮」 事例のご紹介

   ○従前の課題
    ・製造できる仕様かを工場に問合せ、、、
    ・中途半端なシステムチェック、、、
    ・にも関わらず、マスタのメンテナンスに忙殺
    ・人的チェックが多く、工場への誤発注も発生

   ○課題解決後の効果
    ・お客様の問合せにもレスポンスよく回答できるようになった
    ・設計、工場に問合せすることなく製造できる仕様確定が可能に
    ・情シス部門でも膨大なメンテナンスから解放され、
     本来の業務に注力
    ・暗黙知が形式知化され、組織知に繋がった!
    
   今後の新しい構想にもチャレンジ、次のステージへ
   

2. CPQによる仕様確定・見積提出とは

   ○CPQとは
    ・海外で30年以上、国内でも20年の圧倒的実績
    ・複雑な製品群でも高速なレスポンス
   ○改革を支える様々な機能
    ・正しい見積もりのためのCPQの基本機能
    ・高度な技術計算
    ・複雑な積算ロジックにも対応


3. CPQのデモンストレーション
   CPQを活用した仕様選定・見積作成システムのデモをご覧いただけます。



─────────────────────────────────
≪聴講方法≫
 WEB会議システムを使ったオンラインセミナーです。
 インターネットに接続できる環境があれば、
 どこからでも聴講いただけます。
 お申し込み後、セミナー参加用のURL、視聴方法ををご案内いたします。
対象者・マス・カスタマイゼーションのものづくりを実現されたい方
・見積作成に時間が掛かるとお悩みの方
・ベテランでないと見積書が作れないとお悩みの方
・設計部門や技術部門の方で、営業からの問い合わせや見積作成支援に時間をとられているとお悩みの方
・見積システムの他社導入事例に興味のある方
主催株式会社構造計画研究所
開催日時2019年8月28日(水)11:00~11:45/13:15~14:00 (開催内容は2回とも同じです)
定員WEB会議ツール先着順/参加費無料
(同業企業の方の情報収集目的のご参加はお断りする場合がございます。)