ADAPユーザー 事例発表会2019 開催のお知らせ

概要

ご挨拶

今年もADAPを導入したお客様にご発表いただく会を催すことができます。 
これも、一重にユーザー様のおかげだと、感謝しております。

本発表会は、生産管理の悩みやアイディアを共有する場として、
ADAPユーザー様のみならず、生産管理システムを検討中の方にとって、
SCM改革に取り組む 現場の生の声を聞くことができる交流の場となっております。

貴重な機会です。ぜひこの機会にご参加いただくようお願いいたします。

今年の発表会では、
数多くのSCMに関する講義をお持ちの高井英造先生に
最近のSCMの動向や問題点を、
ADAP導入企業からは、本田技研工業株式会社様の
改革プロジェクトなどをご講演いただく予定です。

SCM改革に取り組む企業にとって、大変参考になる内容です。
参加される皆様とともに本音の議論で盛り上ることを楽しみにしています。

株式会社構造計画研究所 製造BPR営業部
野本真輔

このセミナーページは公開終了しました。

開催日時2019年11月8日(金) (受付開始14:00)14:30~17:10 / 17:30~懇親会(恐れ入りますがユーザー様のみのご参加となります)
セミナー詳細プログラム

14:30~14:40 
ご挨拶

14:40~15:40 
■-基調講演- 
高井英造先生 
元・静岡大学人文学部経済学科教授(経営情報論)
「最近のサプライチェーンの課題と最適化技術の役割」

EC物流の進展、マーケット変化とロジスティクスの人手不足に、
どのように対応していくべきか。 
最新の動向と技術課題について講演いただきます。
中でも、ロジスティクス・マテハンの自動化に焦点を当てて、 
自動化有効に動かすためのポイントについて解説していただきます。
ロジスティック・マテハンの自動化は、
ショップフロアー・レベルの自動化にのみ視点が行きがちで、
上位の最適化の重要性が忘れられているとのご指摘です。
上位の最適化の重要性と、最適化技術
および、その役割について、解説していただきます。

【高井英造氏経歴】
コロンビア大学工学部大学院(経営科学)修了(M.S、1965)。
三菱石油(株)数理計画部、エネルギー調査部長を経て、
静岡大学人文学部経済学科教授(経営情報論)、多摩大学大学院客員教授、
文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター客員研究官等を歴任。

日本オペレーションズ・リサーチ学会フェロー(元副会長)、
生産性本部APICS日本代表部顧問、CSCMP,米国経営工学会(INFORMS)、
日本経営工学会、経営情報学会、物流学会等正会員。 
著書 「問題解決のためのオペレーションズ・リサーチ入門(共著)」(日本評論社)ほか。 
論文 「ロジスティクス高度化へのオペレーションズ・リサーチの役割」科学技術動向No91文科省(2008) 他。


15:40~16:00
ADAPについて(機能・更新情報など)

休憩10分

16:10~17:10 
■-ユーザー講演- 
本田技研工業株式会社 生産本部 部品物流部 
GKD企画推進課 主幹  古川 正様

「Honda サプライチェーン 改革の取り組み
       ~ ADAPを活用した計画連鎖 ~」
          
■ー名刺交換・個別相談受付 タイム-
参加者同士で直接 情報交換・名刺交換いただけます。
個別相談ご希望の方も、お申込み受付いたします。

■17:30~ ADAPユーザー懇親会 (参加費無料)
  (恐れ入りますがユーザー様のみのご参加となります)
主催株式会社構造計画研究所
注意事項≪事前登録制≫参加費無料
※定員制の為お申し込み先着順となります。
※生産管理システム企業関連の方のご参加はお断りする場合がございます。
お問い合わせ先名株式会社構造計画研究所 製造BPR営業部
ADAPユーザー 事例発表会2019開催事務局
 〒164-0011 東京都中野区中央4-5-3
 TEL:03-5342-1122 お問合せ受付時間:平日9:00~17:00
 mailto:bprseminar@kke.co.jp
会場情報

(株)構造計画研究所 新館B1Fレクチャールーム
164-0011
東京都
中野区中央4-5-3


<アクセス>東京メトロ 丸ノ内線 「新中野」駅 1番,2番出口より徒歩約1分
https://www.kke.co.jp/corporate/map/tokyo2.html

生産管理システムADAP(エイダップ)公式サイト:https://www4.kke.co.jp/adap/